アンジェス、コラテジェンの投与実績はまだ10数例

 アンジェスは2020年2月5日、2019年12月期の決算説明会を開催。2019年9月に発売した肝細胞増殖因子(HGF)遺伝子治療薬「コラテジェン」について、まだ投与実績は10数例であると説明した。山田英社長は、「現在は治療可能な施設の開設に焦点を当てている。開設が落ち着くと、投与が順調に増えていくと思う」などと説明。施設については、約70カ所を考えているとのことだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)