米California大学San Diego校(UCSD)、スウェーデンのKarolinska研究所、フランスPasteur研究所は、膠芽腫に対する治療薬の探索を目的として、蛋白質間相互作用を標的とする薬剤を設計し、in vitroと動物モデルを用いて有用性を示した。研究の詳細は、PNAS誌の2020年2月4日号に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)