帝人、新中計ではヘルスケア事業への投資を大幅拡大

 帝人は、2020年2月5日、2019 年3月期第3四半期決算説明会を開催。鈴木純社長は2020年2月に策定した2022年3月期までの3カ年の新中期経営計画について説明し、医薬品や在宅医療などを手掛けるヘルスケア事業への投資額を前中計の500億円から1600億円まで拡大する方針を示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)