アルツハイマー病患者の脳内で凝集する異常な蛋白質、アミロイド線維の産生を阻害する新たな化合物「C1」が有望な治療薬候補であることが示された。C1は、新たなメカニズムで効率的にγセクレターゼを抑制し、アミロイド線維の産生を阻害する。米Resselaer Polytechnic InstituteのJing Zhao氏らが、英王立化学会(Royal Society of Chemistry)の機関誌Chemical Communications(2020年2月3日オンライン版)で発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)