エーザイは2020年1月31日、2020年3月期第3四半期(IFRS)の決算説明会を東京で開催した。2019年4月から12月までの累積売上収益は、抗がん剤の「レンビマ」(レンバチニブ)が大幅に伸長し、後発品事業子会社のエルメッドエーザイを譲渡したことによる減収要因を吸収して前年同期に比べて188億円(4.0%増)の増収、162億円(28.4%増)の増益を達成した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)