東京都健康長寿医療センターなど、筋ジス症の新たな発症メカニズムを解明

 東京都健康長寿医療センターと高エネルギー加速器研究機構(KEK)傘下の物質構造科学研究所の共同研究グループは、先天性筋ジストロフィー症の原因遺伝子FKRPによる糖鎖合成機構を解明し、筋ジストロフィー症の新たな発症メカニズムを明らかにした。成果はNature Communications誌に1月16日付で掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)