中外製薬、2020年12月期は国内は減収だが海外の好調さで増収増益に

 中外製薬は2020年1月30日、2019年12月期の決算発表を行った。2017年11月に米国で初めて承認された血友病治療薬のヘムライブラが順調に売り上げを拡大して3年連続で売上収益、営業利益の過去最高を更新した。ただ、2020年12月期は薬価改定や後発品発売の影響で国内は減収となる。それでも海外で売り上げを伸ばし、トータルでは4年連続の増収増益を見込む。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)