CureApp、高血圧治療用アプリの第3相臨床試験を開始

 CureApp(東京・中央、佐⽵晃太社長)は2020年1月31日、都内で記者会見を開催。同社が自治医科大学内科学講座循環器内科学部門の苅尾七臣教授らと開発を進めている高血圧治療用アプリについて、2019年12月から、第3相臨床試験を開始したと発表した。高血圧を対象にした治療用アプリの臨床試験は世界でも初とみられる。試験は2020年9月に終了する予定で、2021年の承認申請を目指す。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)