アンジェスはHGF遺伝子治療薬「コラテジェン」(ベペルミノゲンペルプラスミド)について、2020年2月3日までに米国で第2b相臨床試験を開始していたことが本誌の取材で明らかとなった。従来の臨床試験でコラテジェンが投与されてきた重症患者ではなく、下肢切断リスクが低い患者を対象としており、対象患者の増加による市場規模拡大を狙う。早期段階からの治療介入となる他、実薬の投与量も増やしており、臨床的な効果の増強も図る試験デザインとなったようだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)