バイオ戦略有識者会議、東京圏と関西圏に国際バイオ拠点の形成目指す

 バイオ戦略2020にはどのようなことを盛り込むべきか──。政府のバイオ戦略有識者会議(正式名称:イノベーション政策強化推進のための有識者会議「バイオ戦略」)の第4回目の会合が2020年1月27日に開催され、バイオ戦略2020に盛り込むべき事項の提言が行われた。2030年時点で東京圏と関西圏に国際バイオ拠点が形成されることを目指し、企業や研究機関、国際拠点・地域拠点(バイオコミュニティー)を認定・格付け・ブランド化するなどの議論が進んだ。4月開催予定の次回の会議で提言を具体化し、6月に「バイオ戦略2020」として取りまとめる予定だ。今回の提言を受けて関係各省は2021年度予算に向けた検討を進める。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)