新型肺炎入院患者の調査が明らかにしたこと

 新型コロナウイルス(2019-nCoV)感染症の臨床的な特徴が明らかになってきた。中国武漢市の調査チームが、1月2日までに入院した患者で2019-nCoV感染と確認された41人を調べた結果、発症時の症状は発熱が98%、せきが76%、筋肉痛または疲労が44%に認められた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)