厚労省第一部会、ノバルティスの1本鎖抗体の承認などを了承

 厚生労働省は2020年1月27日、薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会を開催した。ノバルティスファーマが中心窩下脈絡膜新生血管を伴う加齢黄斑変性を対象に開発した「ベオビュ硝子体内注射用キット」(ブロルシズマブ(遺伝子組換え))など2品目の新規承認と、アルフレッサファーマのナルコレプシー治療薬「モディオダール錠」(モダフィニル)の一部変更承認を了承した他、6品目の医薬品について希少疾病用医薬品に指定することも了承した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)