製薬協会長、「薬価制度改革に向け新薬評価体系再編や新薬評価プロセス改善を」

 日本製薬工業協会(製薬協)の中山讓治会長は、2020年1月27日、昨年発表した、イノベーションの一層の推進を目的とした環境整備と国民皆保険の持続の両立を目指した「政策提言2019」についての進捗状況および今後の展望について記者会見を行った。その中で、2022年度薬価制度改革に向けて、製薬協として、新薬の評価体系の再編や新薬の評価プロセスの改善に取り組む意向を示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)