Doleがバナナに機能性表示、GABAの血圧高め対策を訴求

 高めの血圧を下げるGABA(γアミノ酪酸)の機能性表示をした生鮮食品のバナナが、近く店頭に並びそうだ。伊藤忠商事の100%子会社であるDole International Holdings(東京・港)の事業会社ドール(東京・千代田)が、GABAを機能性関与成分とする機能性表示食品を7件、届け出た。7件とも生鮮食品であるフィリピン産のバナナ。商品名は「Doleバナナ」「スウィーティオバナナ」など。「可食部120g(1本から3本に相当)を食べると、GABAの機能性が報告されている一日当たりのGABA量12.3mgの半分を摂取できる」旨の表示を行う。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)