新型コロナウイルス、多様なワクチン開発へ世界中で参入企業相次ぐ

 中国湖北省武漢を中心に感染が広がっている新型コロナウイルス(2019-nCoV)に対して、ワクチンを創製・開発する動きが世界中で本格化している。感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)の支援の下、複数の企業や大学がワクチンの創製・開発をスタートさせた他、米GeoVax Labs社は中国企業とワクチンの共同開発をすると発表。グローバル大手の製薬企業や米国のワクチン企業などが開発に意欲を示すなど、日々参入企業が増えている状況だ。開発が始まったワクチンはmRNAベースのものから、ペプチドベースのもの、組換え蛋白質ベースのものまで様々。予防効果については、臨床試験をしてみないと分からないものの、早期の開発が可能という点では、蛋白質ベースのワクチンよりも、化学合成が可能なmRNAベースのワクチンや、大腸菌で製造できるプラスミドDNAベースのワクチン、ペプチドベースのワクチンなどが有利だといえそうだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)