ペプチドリーム窪田規一会長に聞く(1)

 ペプチドリームの創業者である窪田規一氏は、2019年9月の株主総会で代表権を持たない取締役会長となった。2017年に代表取締役社長をPatrick Reid氏に譲ってからは「経営は任せている」と言うが、06年7月にペプチドリームを創業してから13年超務めてきた代表取締役の立場も譲った格好だ。株式時価総額が6000億円を超える日本トップのバイオ企業の礎を築いた窪田氏に、創業から現在までを振り返ってもらい、バイオベンチャー経営の秘策を明かしてもらった(聞き手は橋本宗明)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)