がん研、原発不明癌の病態解明に向けクラウドファンディングを開始

 がん研究会は2020年1月21日、都内で記者会見を開催。がんプレシジョン医療研究センターで、標的分子探索グループリーダーを務める、がん研有明病院総合腫瘍科の高橋俊二部長らの研究チームが、原発不明癌の病態解明のための研究資金を調達するために、クラウドファンディングを開始したと発表した。目標調達額は2000万円。調達した資金で、原発不明癌の患者から採取した検体の全ゲノムやmRNAを解析し、原発不明癌に共通で発現する遺伝子変異などを探索する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)