糖尿病治療薬、抗炎症薬、アルコール依存症治療薬、さらには犬の関節炎の治療薬など、抗癌剤ではない薬剤が癌細胞を死滅させる可能性があることが研究から示された。米国のMassachusetts工科大学(MIT)とHarvard大学の研究機関であるBroad Institute、Dana-Farber Cancer Instituteの研究者らが、Nature Cancer誌の2020年1月20日のオンライン版に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)