CYBERDYNE、装着型ロボットでスポーツ分野にも進出

 筑波大学発ベンチャーで、装着型ロボットを事業化するCYBERDYNEがスポーツトレーニングの分野に進出する。2020年1月10日にアスリート向けにスポーツ指導などを行うIWA JAPAN(東京・千代田)と共同で、アスリートのパフォーマンス向上に向けた新たなプログラム「IWA式 Neuro HALプラス」を開発したと発表。17日にはIWAが運営するスポーツ施設で、ロサンゼルス・ドジャースの前田健太選手が同プログラムによるトレーニングを行う模様を披露した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)