「バイオ戦略の推進を政治からも支援」

 自由民主党のライフサイエンス推進議員連盟(会長=細田博之衆議院議員)は2019年12月に5年ぶりに活動を復活して、会合を持った。「バイオサイエンス推進議連」という名前に変え、会長も古川俊治参議院議員に交代して再始動した。その経緯や今後の抱負を新会長に聞いた(聞き手は橋本宗明)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)