武田薬品工業と米Charles River社は、2020年1月13日、新薬創出に向けた複数年の共同開発契約を締結したと発表した。武田薬品は、幅広い分野で非臨床試験受託事業を展開しているCharles River社の経験を生かして両社の創薬アプローチを統合し、重点分野と位置付ける癌、消化器、神経科学、および希少疾患を適応とする新薬開発に注力する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)