慢性疾患を対象として、治療用組換え細菌を開発している米Novome Biotechnologies社は、2020年1月7日、シリーズAで3300万ドルを調達したと発表した。同社は、調達した資金で、高シュウ酸尿症を対象とした治療用組換え細菌のプログラムを、概念実証(POC)取得のためのフェーズIに進めるとともに、また、専有の「Genetically Engineered Microbial Medicines(GEMMs)」技術の適応拡大を図る。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)