ドイツBoehringer Ingelheim社は、2020年1月9日、シンガポールEnleofen Bio社が前臨床段階まで開発していた抗IL11抗体技術に関する世界的独占的な権利を獲得し、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)や間質性肺疾患(ILD)を含む線維症に対する治療薬の開発を目指すと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)