中国Adagene社は2020年1月8日、グローバル投資会社のGeneral Atlantic社が主導したシリーズDラウンドで6900万ドル(約76億円)を調達したと発表した。調達資金は、開発が順調な抗体ADG106、およびADG116の2品目の臨床開発に優先的に投入するとともに、同社独自の技術で創製している抗体候補の開発進展に活用する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)