韓国Nunaps社は、2020年1月5日、シリーズAの資金調達を完了し、50億ウォン(420万ドル)を獲得したと発表した。同社はこの資金を、神経障害に対するデジタル治療関連技術の開発に投入する計画だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)