文部科学省は、2020年度予算案として5兆3060億円を計上した。このうち健康・医療分野には、前年度に比べて6億5700万円増の860億2900万円を充当した。日本医療研究開発機構(AMED)向けの文科省予算は608億円(復興特別会計の15億9700万円を含む)となり、残りは理化学研究所などで健康・医療を支える基盤研究の費用として活用する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)