米Seer社は2019年12月17日、シリーズDラウンドで5500万ドル(約60億円)を調達したと発表した。同社は調達資金を活用し、独自のプロテオーム解析技術「Proteograph」をさらに進化させ、高精度の早期診断技術の実現を目指す。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)