農水省、ゲノム編集飼料の飼料安全法上の取扱いを決定

ゲノム編集育種魚類も想定、残る国税庁は対応検討中
(2019.12.26 08:00)1pt
河田孝雄

 ゲノム編集技術で育種された生物を用いて生産される飼料の飼料安全法上の取扱いが決まった。ゲノム編集飼料として安全性の情報を届け出した品種に対して従来品種等を伝統的な育種の手法により掛け合わせた後代交配種についても、3つの条件を全て満たす場合を除いては、届け出を求める。ゲノム編集育種生物由来の飼料で育てた生物(家畜や魚類など)をヒトが食品として摂取する際の安全性確保が主な目的だ。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 好評!「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧