農水省2020年度予算、スマート農業が3倍増

 政府が2019年12月20日に閣議決定した2020年度当初予算案で、農林水産省の農林水産技術会議事務局の予算概算決定額は675億3200万円になった。2019年度当初予算額の669億4500万円に比べ0.9%増えた。日経バイオテクでは、この農林水産技術会議事務局の予算を、バイオ関連予算と見なしている。なお、12月13日に閣議決定した2019年度補正予算額の124億5900万円と合わせた合計額は、799億9100万円だ。農水省の予算は、前年度の補正予算を当年度の当初予算に加えた15カ月分で構成されるのが近年、標準になっている。1年前の2018年度補正予算と2019年度当初予算の合計額730億9800万円に比べると、増加率は9.4%だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)