皆さん、おはようございます。2019年を振り返るに当たって、低分子薬の新規モダリティの動向は外せないでしょう。具体的には、E3リガーゼと標的蛋白質を近づけて、分解を誘導する標的蛋白質分解誘導薬と、mRNAに直接結合し、翻訳やスプライシングを制御する核酸を標的とした低分子薬の動向です。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)