ちとせグループ、2019年は東南アジアに藻類生産拠点を複数立ち上げ

 バイオ関連ビジネスを手掛ける企業群であるちとせグループは、2019年、マレーシアやブルネイなど東南アジアに藻類の培養(生産)拠点を複数立ち上げた。今後複数種の藻類を培養し、食品や飼料、水質浄化剤など、様々な用途での商業展開を視野に入れる。本誌は、ちとせグループがマレーシアに新設した生産拠点を取材した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)