本庶氏、AMED選考の「出来レース」に苦言

 京都大学の本庶佑特別教授は2019年12月13日、日本医療研究開発機構(AMED)が主催したシンポジウムで講演を行った。本庶特別教授は、AMEDに対して運営改善のために5つの提案を提示し、採択課題の選考過程に関して「誰が取るか想定されているような案件があるのはおかしい」と苦言を呈した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)