サンバイオ、慢性期脳梗塞で大日本住友との提携を解消

 サンバイオと大日本住友製薬は2019年12月13日、再生細胞医薬の「SB623」に関する提携関係を解消すると発表した。慢性期脳梗塞を対象とした北米での共同開発を中止するとともに、今後の共同開発およびライセンス契約も解消となる。サンバイオは今後も慢性期脳梗塞に対する開発を継続する方針で、自社単独での開発も視野に入るようだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)