オンコリス、テロメライシンの開発進展で中外製薬から5億円受領

 オンコリスバイオファーマは2019年12月12日、腫瘍溶解性ウイルス製剤「テロメライシン(OBP-301)」が現在進行中の臨床試験で事前に設定した基準を満たしたため、共同研究先の中外製薬から第1回マイルストーンとして5億円を受領したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)