鼓膜穿孔再生用の治療薬が世界で初めて承認、聴力回復効果も高い

 「今後、鼓膜穿孔に対する治療は手術ではなく、外来で簡単にでき、高い聴力回復も期待できる鼓膜再生療法が主流となるだろう。現状の手術の多くはこの鼓膜再生療法に置き換わるのではないか」。2019年12月12日、田附興風会医学研究所北野病院(大阪市北区)耳鼻咽喉科・頭頸部外科主任部長の金丸眞一氏らが記者会見を行い、自ら開発を進め、11月に承認されたトラフェルミン製剤(商品名リティンパ)を使った鼓膜再生療法への期待を語った。トラフェルミン製剤を使った鼓膜再生療法は世界で初めて日本で承認された、日本発の治療法だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)