中外製薬が抗体技術説明会を開催、次世代版ヘムライブラなど解説

 中外製薬は2019年12月9日、都内で抗体技術説明会を開催し、新規抗体医薬創製のプラットフォーム技術として、特定の低分子の存在下でのみ働くスイッチ抗体や、次世代バイスペシフィック抗体などの技術をアナリストや記者向けに説明した。同社が抗体技術の説明会を開催するのは2012年12月に続いて2度目で、モダリティとして抗体医薬の成熟度が高まり競合が激しくなる中、他社に対する優位性をアピールした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)