T細胞調節に関与する糖蛋白質ブチロフィリン(BTN)に着目した免疫療法を開発するフランスImCheck Therapeutics社は、2019年12月4日、シリーズBラウンドで4800万ユーロ(約58億円)を調達したと発表した。γδT細胞による免疫反応を活性化するモノクローナル抗体ICT01の開発に調達資金を投入し、2020年の早い時期に臨床試験を開始する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)