東大医科研、エボラワクチンの安全性などを確認する臨床研究を開始

 東京大学医科学研究所附属病院感染免疫内科の四柳宏教授らは、2019年12月5日、都内で記者会見を開催。エボラウイルス感染症に対するワクチンである「iEvac-Z」の安全性などを確認するための臨床研究(フェーズI相当)を開始したと発表した。エボラウイルス感染症に対するワクチンの臨床研究は国内初であり、iEvac-Zのファースト・イン・ヒューマン試験となる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)