政府の健康・医療戦略推進専門調査会(座長=永井良三自治医科大学学長)は2019年12月3日、2020年4月から始まる医療研究開発機構(AMED)の新しい統合プロジェクト5つのうち、統合方法に異論が出ていた「研究開発基礎基盤プロジェクト」を「疾患基礎研究プロジェクト」と「シーズ開発・研究基盤プロジェクト」の2つに分け、合計6つにすることを了承した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)