米CymaBay Therapeutics社は2019年11月25日、ペルオキシソーム成長因子活性化受容体デルタ(PPARδ)作動薬seladelpar(MBX-8025)の臨床試験を中止したことを明らかにした。seladelparは非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)、原発性硬化性胆管炎(PSC)、並びに原発性胆汁性胆管炎(PBC)を適応症候補として開発していた経口剤である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)