米Harvard大など、細胞・遺伝子治療の研究開発革新目指し非営利法人

ボストンに共同研究センターの新設計画
(2019.12.04 08:00)1pt
川又総江

 Harvard Universityは2019年11月25日、学術機関や企業、医療機関が細胞治療、遺伝子治療などの基礎となる生物学研究を発展させ、細胞製造技術の向上に取り組む新たな拠点を創ると発表した。マサチューセッツ州ボストンで2020年、独立非営利法人を立ち上げ、共同研究センターを建設する。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧