米Harvard Universityは2019年11月25日、学術機関や企業、医療機関が細胞治療、遺伝子治療などの基礎となる生物学研究を発展させ、細胞製造技術の向上に取り組む新たな拠点をつくると発表した。マサチューセッツ州ボストンで2020年、独立非営利法人を立ち上げ、共同研究センターを建設する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)