英中研究者、膵癌に対するワクチンシステムを共同開発

(2019.12.05 08:00)1pt
川又総江

 iPS細胞とゲノム編集技術、腫瘍溶解ウイルスを用いて膵癌を予防、あるいは進行遅延する個別化ワクチンシステムが開発された。英Queen Mary大、中国鄭州大などの共同研究で、マウスモデルを用いて概念実証(POC)と基盤技術を確立し、2019年11月25日のClinical Cancer Research誌オンライン版に研究成果を報告した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧