ファンペップ、「抗体誘導型の医薬品開発は世界的に活発化している」

現株主が上場に伴う売り出しをしない理由など説明
(2019.12.02 08:00)1pt
久保田文

 ファンペップ(大阪府茨木市)は、2019年11月29日、上場前会社説明会を開催し、平井昭光社長、同社の科学技術顧問を務める大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学寄附講座の森下竜一教授らが、抗体誘導ペプチドの基盤技術の詳細や、事業計画などについて説明した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧