英Manchester大学やブラジルCampinas大学などの研究者らは、廃棄物系バイオマスに生体触媒処理を行い、価値の高いファインケミカルであるコニフェロールを生産することに成功した。研究の詳細は、Manchester大Biotechnology研究所(MIB)のNeil Dixon氏らによって、Green Chemistry誌のオンライン版に2019年11月25日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)