英Manchester大学など、廃棄物系バイオマスからコニフェロール製造

(2019.12.05 08:00)1pt
大西淳子

 英Manchester大学やブラジルCampinas大学などの研究者らは、廃棄物系バイオマスに生体触媒処理を行い、価値の高いファインケミカルであるコニフェロールを生産することに成功した。研究の詳細は、Manchester大学Biotechnology研究所(MIB)のNeil Dixon氏らによって、Green Chemistry誌のオンライン版に2019年11月25日に報告された。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧