阪大、虚血性心筋症に対する細胞スプレー法の医師主導治験を開始

 大阪大学大学院医学部心臓血管外科のグループは、冠動脈バイパス手術(CABG)の際に、他家脂肪組織由来間葉系幹細胞(MSC)を心臓表面にスプレー状に吹き付ける「細胞スプレー法」を用いた、新たな心不全治療法の医師主導治験を開始する。2019年11月29日に大阪大学において行われた記者会見で、澤芳樹教授らが発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)