メディネット、複数の開発品で国内臨床試験の開始が遅延

 メディネットは2019年11月26日、2019年9月期の決算説明会を開催した。木村佳司社長が体調不良により欠席したため、鈴木邦彦副社長が業績を説明した。また、池田昇司副社長は、同社が2017年12月に米Histogenics社(現Ocugen社)から日本における開発・販売権を取得した自家細胞培養軟骨の「NeoCart」について、国内の治験開始が遅れていることを説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)