MBL、CDxの開発受託サービスが数件進行中

 医学生物学研究所(MBL)は2019年11月29日、2019年度の中間決算説明会を開催した。2019年度上期は新製品の保険適用などにより大幅な増収となり通期業績予想を上方修正した他、新たに開始したコンパニオン診断薬(CDx)の受託開発事業で数件のプロジェクトが進行していることを明らかにした。また2020年度には第2次中期経営計画を1年前倒しで新たに策定することも公表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)