ロート製薬、間葉系幹細胞の細胞医薬の研究開発通じエクソソームに着目

 国内では、再生医療や細胞医薬の開発を進める中で、その延長としてエクソソーム(*1)などの機能に着目し、研究を進める製薬企業なども出てきている。再生医療等製品を目指し、肝疾患を対象に他家脂肪由来間葉系幹細胞のフェーズI/IIを進めるロート製薬もその1つだ。再生医療の開発状況やエクソソームの研究状況について、基礎研究開発部の石井強部長、再生医療研究企画部細胞機能評価グループ薬理評価チームの倉田隼人チームリーダーが、2019年11月19日、本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)