ベンチャーのEXTHEREA、口腔粘膜由来のエクソソーム療法を開発へ

 国内では、エクソソーム療法を開発するベンチャー企業がほとんど無いのが現状だ。その中で、2019年11月、口腔粘膜上皮細胞由来のエクソソーム療法の開発を目指すEXTHEREA(神奈川県藤沢市)が立ち上がった。同社の今福礼 CEO、Sebastian Sjoeqvist CSOが、2019年11月18日、本誌の取材に応じ、創業の経緯や開発計画について明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)