金沢大華山氏、多系統萎縮症に神経由来エクソソームが関与の可能性

 癌や神経変性疾患など、疾患の発症や増悪に生体内のエクソソーム(*1)が関わっていることが徐々に明らかになってきた。金沢大学ナノ生命科学研究所の華山力成教授は、神経変性疾患の1つである多系統萎縮症の発症に、神経細胞由来エクソソームが関わっている可能性を明らかにした。エクソソームを標的とした創薬アプローチなどについて、華山教授が2019年11月12日、本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)